より良い資産管理に向けた不動産管理会社選びのポイント

不動産管理会社とは

一口に不動産の活用と言ってもその方法は様々です。 既存のアパートを効率よく運用するのか、更地の活用を検討しているのかによる違いだけでも、選ぶ管理会社は変わってくるはずです。 まずはオーナーとしてどのような資産運用を望むのかを明確にしてみましょう。

資産運用の目的を明確に

不動産管理会社の仕事とはどのようなものか、先ずは確認しておきましょう。
オーナーが所有する不動産を管理する会社・・・という事はイメージしていただけると思います。
所有する不動産の中で、主に使用者に貸し出しているもの(賃貸アパート、マンション、駐車場など)について、オーナーと使用者の間に入り「入居者の管理」と「建物の管理」を担当するのが管理会社の仕事です。
「入居者の管理」には、賃貸契約締結、家賃の徴収・管理、入居中のクレーム対応、退去時の対応などが該当し、「建物の管理」には、物件設備の点検・修繕、リフォームに代表される長期的な建物の運用計画の提案などが含まれます。
現在は、更地の土地に賃貸物件を建て、長期にわたって運用する計画全体を請け負う管理会社も見られます。

上記のような不動産管理会社の仕事を理解していれば、「代々受け継いできた土地はあるが、運用のノウハウがない」「祖父の代から借家に人が入っているが、毎月家賃を手渡しで受け取るのが煩わしい」と言ったオーナーの抱えるお困り事解決の窓口としても活用できることが分かってきますね。

実際に管理会社が何をどこまで担当するのかは、オーナーと契約を交わす際に取り決めがあります。
稀に、「不動産管理会社と契約をしたから、今後一切費用を掛けずになんでも管理会社が対応してくれる」と考えているオーナーがいます。
管理会社の担当者は色々な事案の窓口にはなってくれますが、例えば物件敷地内の清掃や植栽の手入れなどは契約内容に含まれていない場合も多いです。
契約前にしっかりと管理会社が担当する業務について確認し、不明点は十分に確認しましょう。

会社にも得意分野がある

一概に不動産管理会社と言っても、管理運用の方法は各社様々です。 言い換えれば会社毎の得意分野があるということです。 管理会社を選ぶ前にこの各社毎の特徴を把握しておかないと、長い目で見たときにオーナーと管理会社との間に溝ができてしまうかもしれません。 運用目的と併せて、理解しておきたいポイントの1つです。

オーナーと管理会社が互いに信頼関係を築く

管理会社を選んで決められた管理費を払ったら、あとは何もしなくても大丈夫・・・と考えているオーナーもいるかもしれません。 しかし、実はオーナーとして判断を下さなければいけない事は管理会社を選んだ後も多々あります。 オーナーと管理会社双方の役割分担について考えてみました。